燃料・オイルについて

1. 燃料・オイルの正しい混合比を教えてください。

2サイクルエンジン搭載商品については、必ずガソリン(燃料)とオイル(潤滑油)を混ぜた「混合ガソリン」を使用します。燃料はレギュラーガソリンとゼノア純正の2サイクルオイルのご使用を推奨します。混合比は、ゼノア純正2サイクルオイル(FD級)使用時には 50:1(ガソリン1リットルに対しオイル20cc)、ゼノア純正2サイクルオイル(FC級)使用時には 40:1(ガソリン1リットルに対しオイル25cc)で配合してください。混合容器に入れ、容器を振ってよく混ぜ合わせたものを使用してください。

オイルの混合比率が極端に低いと潤滑不足になり、エンジンが過熱し出力が低下、さらに焼きつきの原因となります。なお、4サイクルエンジン用オイルは使用しないでください。スパークプラグ汚損やピストンリング固着、マフラ詰まりなどを起こしやすくなります。また、古いガソリンはエンジンの故障の原因となりますので使用しないようにしてください。

2. チェンオイルとはどのようなオイルですか?

チェンオイルとは、ガイドバーとソーチェンを潤滑させるための粘度を持たせたチェンソー専用のオイルです。エンジンオイルなど、適正でない粘度のオイルを使用されるとガイドバー、ソーチェンが焼ける恐れがありますので、当社純正のチェンオイルをご使用ください。

3. ゼノア純正混合ガソリンについて教えてください。

ゼノア純正混合ガソリン「ビックバンガソリン」は、運転休止期間の長いエンジン機器用に開発された2サイクルエンジン専用の混合燃料で、次のような優れた特長を持っています。

  • 変質しにくい特殊ガソリンの採用で、キャブ詰まりが起こりにくい。
  • エンジン内部を摩耗や汚れから守り、廃棄を奇麗にする各種添加剤配合。
  • 混合の手間が不要
  • 給油・持ち運び・保管に便利な金属容器入り
  • 運転休止の直前にお使いになるだけで運転再開時のエンジントラブル予防効果を発揮します。

4. エンジンが始動しません。燃料は混合燃料を使用し、取り扱い説明書の手順に従いましたがかかりませんでした。何か解決策はありますか?

チョークを「閉」にしたまま何度もリコイルを引くと、エンジンが掛からないことがあります。チョークを開きスパークプラグを外し、リコイルを数回引いてクランク室内に吸い込みすぎた燃料を排出してから、再度エンジンを掛けてください。

5. 混合ガソリンは、どのくらいの期間使用できるのでしょうか?

混合燃料がキャブレタ内や燃料タンク内に残ったまま長期保管すると、混合燃料が変質してエンジンが始動できなくなりますので、1週間以上使用しない場合は、必ず燃料タンクより燃料を抜き取ってください。