会社概要

ハスクバーナ・ゼノア株式会社は、日本国内に拠点を置く農林・造園機器メーカーです。
当社は1910年に東京瓦斯電気工業として創立してから2010年に創業100周年を迎えました。
現在は、グローバルに革新的な商品を開発・製造するハスクバーナグループの一員となり、市場からのニーズを反映した商品の開発・生産・販売を行っています。

すぐれた功績

ハスクバーナ・ゼノアは、長い歴史の中で数多くのすぐれた功績を残しております。業界の著名な賞の受賞、ISO9001とISO14001 の認定、多くの商品分野でのトップシェアの獲得などがその一例です。
(※ 関東ブロックを除く各支店は、ISO14001環境マネジメントシステムの登録範囲に含まれておりません。)

ハスクバーナ・ゼノアの概要

設立

2007年12月

資本金

4.9億円

代表者

代表取締役社長 渡邉 安郎

従業員数

440名(2015年12月末 単体ベース)

グループ売上高

36.2 bn SEK(2015年12月末 連結ベース)
日本円で約5,426億円(1SEK = 15円)

取扱ブランド

ハスクバーナ および ゼノア

事業内容

農林業機器、環境・産業機械の開発、製造、販売及びハクスバーナAB(本社スウェーデン)グループ商品の輸入販売
及びそれに付帯する消耗品・部品の販売ならびに修理。